日本の拠点病院・専門病院

このサイトでは、国立病院、専門病院など、日本の病院情報について掲載しています。

国立病院機構病院

国立病院機構は2004年(平成16年)に設立され、現在、全国144病院が国立病院機構に所属しています。

難病やがんなどの最先端治療と研究が行われており、地域病院との連携や指導、情報共有を行う、医療の中心となる病院です。
かかりつけの医院などからの紹介を受けて受診するのが一般的です。

国立病院機構病院一覧へ

災害拠点病院

災害拠点病院は、地震・津波・台風・噴火等の災害時の初期救急医療体制が整っており、近隣病院の支援や緊急医療に対する教育訓練などを行うことができる病院です。

阪神・淡路大震災の教訓から、平成8年に新たな災害医療体制として都道府県に基幹となる災害医療センターを原則1か所と、近隣に地域災害医療センターが設けられています。

災害拠点病院一覧へ

がん診療連携拠点指定病院

がん診療連携拠点病院は、厚生労働省から出された「がん診療連携拠点病院の整備について」通知に基づいて、質の高いがん医療が全国どこでも受けることができる病院を各都道府県内に設置しているものです。

全国で390ヶ所以上の病院が指定されており、地域の病院と連携をとりながら、がん治療の情報提供やがん患者診療や相談受付を行なっています。

がん治療に関する病院や研究は、厚生労働省が管轄する「国立がん研究センター・がん対策情報センター」を中核として、「都道府県がん診療連携拠点病院」が各都道府県に1ヶ所以上、また、その周辺に「地域がん診療連携拠点病院」が1ヶ所以上設けられ、がん患者の手術や治療、相談などを行うとともに、その他の地域の病院をサポートしています。

がん診療連携拠点指定病院一覧へ

がん治療最新情報

がんの種類、日本人のかかりやすいがんやQ&Aなどを掲載しています。
また、毎日発行している新聞、がん治療最新情報では、がんに関するニュースや最新治療についての話題を掲載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*